プラセンタ化粧品で肌の細胞分裂を活発に【オギャー生まれ変わる】

正しい洗顔法

角栓ケアの注意点

毛穴に詰まった汚れが固くなったものが角栓です。 見た目が美しくないので気になるものですが、間違ったケアをしてしまうと肌にダメージを与えることになり、さらに角栓がたまりやすくなります。 ケア方法の一つとして毛穴パックがありますが、肌の大きなダメージを与えてしまうので、使わないのが賢明です。 毛穴と角栓は繋がっていますが、毛穴パックはそれを無理に引き剥がしてしまいます。 また、はがす時に表面の角質まで一緒にはがしてしまうので、毛穴と角質の両方にダメージを与えてしまって、毛穴がさらに開いてしまいます。 また、毛抜きやピンセットなどで無理やり引き抜く方法も、毛穴に大きなダメージを与えてしまいます。 ぽっかりと空いた毛穴に雑菌が入ってしまうと炎症の原因にもなります。 無理に引きはがそうとするケアは肌には良くありませんから、行わないようにしましょう。

洗顔方法の見直し

角栓が毛穴にたまってしまうというのは、肌の水分と皮脂とのバランスが崩れた状態です。 いきなり角栓ができたわけではなく、時間をかけて毛穴に汚れがたまっていったので、同様に取り除くのにも時間がかかってしまいます。 まずは洗顔方法を見直してみて、正しい洗顔を行うのが最適です。 洗顔によって皮脂が取られすぎてしまうと肌が乾燥してしまい、防衛本能が働いて、余計に皮脂の分泌が行われて、毛穴詰まりを起こしやすくなります。 これを改善するためにも、肌に必要な皮脂は残す洗顔を行いましょう。 洗顔料を見直してみて、合成界面活性剤などが使われていない無添加タイプを使用すると、乾燥を防ぐことができます。 また、弾力のある泡を作って泡をクッション代わりにして洗うと、毛穴の奥の汚れが取れやすくなります。